マルタ留学

【マルタ留学】clubclass(クラブクラス)での語学留学を終えて−選んだ理由と体験談−


noteやTwitterですでにお知らせしているように、3月から行っていた2ヶ月間のマルタ留学が終わり、帰国してしまいました。


語学スクールに通っていた間、リアルタイムでスクール名をあげることは避けていたのですが、卒業したのでようやく書いていこうと思います。


この2ヶ月お世話になったのは、マルタ・サンジュリアンより徒歩15分ほどの住宅街にある「clubclass」。


大規模ではないけれど常に生徒たちで賑わい、ほどよい距離感のもとクラスやアコモデーションでの生活を送ることができたと感じています。


以前、学校選びの際に意識したいことを別の記事にて紹介していますが、より参考になればとClubClassについての感想をシェアしていきます。

もしいま、この学校ってどうなんだろう?と迷っているひとの何かヒントになれば嬉しいです☺︎


clubclassを選んだ理由とぶっちゃけどうだったか、本音トーク


まず、留学前のわたしはマルタについて、地域名も伝統料理も何もかも知らない状態でした。そんなわたしが何を期待してclubclassを選んだのか。それは、

■サンジュリアン(モールや海)まで徒歩圏内であること

■日本人スタッフさんがいること

■学校でも寮でもFree Wi-Fiが使えること

■学校にジムやプールがあること


という以上4点の理由から。

これを踏まえて、じゃあ実際にはどうだったのか。


サンジュリアンまで徒歩圏内であること


マルタ留学の主要都市と言えば、主にサンジュリアン・スリーマ。そのサンジュリアンまで徒歩圏内であること、つまりショッピングや海に行きやすいことはまず最初に浮かべた条件でした。


clubclassはパーチャビル(Paceville)というクラブ街から住宅街の方へ約10分ほどあがったところにあるのですが、サンジュリアンにも海にも徒歩10〜15分ほど。ゆるい坂を下っていけばすぐなので、億劫に感じたことはありませんでした(もしかしたらもっと暑くなるときついかも?)。


さらに住宅街にある学校だったおかげで、夜も比較的静かに過ごすことができたと感じています(日によっては他のスチューデントがものすごく騒がしい日もあるのですが…街の雰囲気でいうとです)


ただし、学校からは海が全く見えません。四六時中、海を、マルタを感じながら勉強したいという人には向かないかも。そういう人は、サンジュリアンならEFやECマルタ、またスリーマにある学校の方がいいかもしれません(それらの学校から海が見えるかはわかりませんが、確実により海もクラブ街も近くなります)


バレッタやスリーマから帰ってくる時もバスの16番に乗れば学校の目の前のバス停で降りることができるのでとても楽でした。


日本人スタッフさんがいること


留学前に地味にこれは結構気にしていました。日本人スタッフさんが一人でもいれば安心だーなんて思っていたのですが、実際どうだったかというとその方と挨拶したのは初日のオリエンテーションの時のみ。その後の2ヶ月間は一度も日本人スタッフさんとは特に交流がありませんでした。

理由は簡単で、クラスにも住んでいたスチューデントハウスにも少なからず日本人がいて、その人達と話していれば十分事足りたから。

ただ人によって深刻な問題が発生したり、どうしてもわからない何かがある際には頼りになると思います。実際に相談していた人もいます。考慮するかどうかは人それぞれだと思いますが、日本人スタッフが必須かと言われればそうでもない気がしました。


(だって英語を勉強しに行っているのだし、つたない英語でも先生達は理解してくれます)


学校でも寮でもFree Wi-Fiが使えること


これはとてもとても助かりました!日や場所によって、Wi-Fiが繋がりにくいことはもちろんあったけれど問題ありません。



留学直前、[affi id=7]からもらった何かの書類には「土日は有料」的なことが記されていたので「え?最初に見ていた資料と違う!」と焦っていたのですが、実際は常にフリーでしたよ!

短期の人は日本からWi-Fiを借りてきていたり、長期の人はSIMカードを買ってきていたり人によってそれぞれでしたが、わたしは結局2ヶ月間SIMカードなしで過ごすことができました。



GoogleMapsはあらかじめダウンロードしていたから地図には困らないし、何か調べ物があればカフェに入れば大抵Wi-Fiが繋がります。


▽GoogleMapsのダウンロードについてはこちら


急なバスの時刻が調べられない、ということはあったけど、それでもなんとかなりました(Wi-FiやSIMを持っている友人に助けられたことも多いですが)。


ヨーロッパの他の国への旅行をすでに決めているとか、結構行く予定だ、という人はあると便利かもしれませんね(全部をあらかじめ調べておくというのは難しいこともあると思います)。でもなくても大丈夫というのも本当です。なければないで、なんとかなります!


ちなみにですが、もしSIMカードを現地で買う予定の人は、カード自体は学校が配ってくれます(Vodafone)!それをあとはチャージしに行くだけでいいのでわざわざ買ってくる必要はありません〜◎


学校にジムやプールがあること


ジムでカラダ絞りたい!プール入りたい!と思っていたので、これらの施設があるのはいいなぁと思っていたのですが、結果から言うとほとんど利用していません!🙅


一応ジムは何回か通いました(ちなみにジムもカードを作るのに10EURのデポジットが必要です)。せっかくスポーツウェアも持っていって、シューズもマルサシュロックで買ったのに、行った回数は片手に収まる程度。


やっぱり海外に行ったからといっていきなり新しい習慣が身につくわけではありませんよね。でもフラットメイトの中には「日本では全然ジムなんて通ってないけど、することがないから」と言って毎朝のルーティーンにしている人もいました。これはもう人それぞれというかやる気次第!


ちなみにちなみに。プールは3月4月に行く人はまだ入れないのでご注意ください。4月になればプールの水も綺麗になり、プールサイドでのんびり過ごしているひともいましたが、周りのアコモデーションのバルコニーから丸見えです。日本人は水着でそこに寝転ぶのは少し恥ずかしいと思ってしまうかも。(日焼けしたい人とかは良さそう!)


マルタ・clubclassでの語学留学を終えて。


という感じで、2ヶ月間clubclassに通いましたが、結果としてはとても楽しかった!


友人伝いで増える友人。
(あ、ちなみにわたしがいた時期は日本人・ブラジル人・コロンビア人が多かったです)

会えば知らない人でも気軽に “Hi!” が飛び交うし、校内も明るく過ごしやすかったと思います。


ただ、上のフロアの教室になるとエレベーターが使えないのでちょっときつかったけど。笑


アコモデーションでの生活等はまた別の記事で紹介するので、よければまたそちらも読みにきてくださいね!


お世話になったスマ留さんはこちらから👇

[affi id=8]

[affi id=6]

 


ABOUT ME
kicchan
世界に通用する童顔クリエイター。フォトブロガー・モデルをしています。 旅とお洒落がすき。「シンデレラストーリーは自分でつくる!」生き方をシェアしたいです。