マルタ留学

【成田発マルタ着】ターキッシュエアラインとイスタンブール空港と。


はろー、kicchanです!


3月2日に絶賛花粉に包まれている日本を飛び立ち、ただいまマルタにて生活中です


今回の記事では、成田からマルタに来るまでに利用したターキッシュエアラインとイスタンブール空港についてシェアしようと思います!

初めてのターキッシュエアライン


そもそも海外経験がまだそれほど多くないので、ターキッシュエアラインはもちろん初めて。


旅好きイチオシのアプリ「Skyscanner」で安い便を見つけて、公式サイトから予約しました。

問い合わせ時の対応について


今回ターキッシュエアラインに決めた理由は、安さ・トランジットの少なさ・そして日本語対応ありの3つ。


外国の航空会社の場合、何かあった時にちゃんと対応してもらえるかって気になるところだと思います。


ターキッシュエアラインは電話口は日本語で対応してもらえます!

ただ、サイトの会員登録だとかシステム関係のことになると日本語対応がないのでお気をつけくださいー!


ワタシは一度会員ログインの際のパスワードがわからずに問い合わせたのですが、新しいパスワードを再発行してもらうのに英語対応の部署に繋がれてしまいました…

と言っても、名前や電話番号その他登録情報の確認だとかを聞かれるのは日本と同じなので全く意味がわからないということはないと思います。

が!英語に苦手意識がある人は避けたほうがいいかもしれません(後から確認したらパスワードの再発行は普通にメールのみでもできました!)

ターキッシュエアラインでの空の旅。


実際乗ってみた感想は、可もなく不可もなくという感じ。

映画も観れるし、機内食も普通に美味しいし、USBあるからスマホの充電もばっちりできます◎

見えにくいけど赤枠の部分に、USBとイヤフォンの差し口あり


ただ便によるかもしれませんが、日本人CAさんは成田発からゼロ。

日本語が喋れる人が数名いたので、日本語アナウンスはありました(やっぱり最初から日本人いないと少し寂しい。笑)


1点気になったのは機内食で同じメニューがでがちなこと。


トランジットのイスタンブールまでの道のりの最初のメニューがこちら。

上真ん中と下の真ん中が鶏むね肉


「鶏むね肉」が好きなのかな?笑

前の人がダブるのを避けたのか、サーモンとスズキの蒸し物は早々に完売でした…


あとのメニューもこんな感じ。

パンはどーんと適当に置かれます
2枚目の食事と3枚目の食事、実は左上の小皿中身同じです


味は美味しかったけれど、似たり寄ったりですね。

食事のあとだったか、ひとりひとりに小さめのペットボトルの水が配られるのはよきでした◎

(ただトランジットの際に没収されました。配られたやつなのに…)


それから機内で配られるポーチセットはこちら。

結構しっかりめのポーチ


左上から時計回りに、歯ブラシセット・耳栓・リップクリーム・アイマスク・靴下・スリッパの6点セット。

飛行機は乗ったらすぐに靴を脱ぐ派だからスリッパは嬉しい〜!



さらに嬉しかったことと言えば、比較的席が空いていたこと。

ワタシの場合(チェックイン直前に選んだんだけど)、成田〜イスタンブールも、イスタンブール〜マルタも隣の席に人がいなかったので2席分ゆったり使えました!(CAさんが荷物こっちにおいて〜とか言ってくれる!)


まだ日本からマルタに行く人が少ないからか、朝着の便だったからか、はたまたそれが通常なのかはわかりませんが、隣に人がいないのってかなり快適です!

ちなみに、ワタシは成田21:25発ーマルタ8:35着のフライトでした。ご参考までに。

トランジットはイスタンブール空港で。


トランジットの空港で気になることと言えば、ネット環境・トイレの綺麗さ・過ごしやすさの3つではないでしょうか?


まず早く言いたかったのが、Wi-Fi使えません!

空港のWi-Fiが使えるものだと思っていたので…というか使えない空港あるんですね!?


(近くで話していた旅経験豊富そうな日本人2人組もそんな話をしていたからネット環境が悪いのって珍しいのかも)


一応FreeWi-Fiは飛んでいるようですが登録するのに電話番号が必要とのこと。どうやらSMS認証らしいのです。


マルタでもWi-Fiを頼りに生きると決めていたのでレンタルのWi-Fiは持っていないし、トラベルSIMも持っていなかったので完全にアウトでした…。


絶対にWi-Fiが必要だという人はお気をつけてくださいね。

(ちなみにワタシはオフラインで記事の下書きをしていました。)
(出発前にぽんちゃんのnoteをよんでおいて良かった!最後に紹介するね!)


次にトイレの綺麗さ。

半年前にモロッコに行く際ドバイの空港でトランジットだったのですが、そこよりも綺麗かなと感じました。

やっぱり日本には敵わない気もするけれどすごく散らかっていることもないし、水周りがびちゃびちゃとか人がいなすぎて怖い雰囲気とかも全くなしです。


最後に空港での過ごしやすさ。


Wi-Fiが繋がらないのでノマドしたい人には最初につまづくかもしれません。


けれど全体的にはフードコートやお土産ショップなど多くショッピングモール的な雰囲気なので割と過ごしやすいと思います◎


(搭乗口によっては結構歩く必要があるから多少面倒だと感じるかも…)

ちなみに買い物はトルコリラになるようです。(当たり前?)

総合して….


機内食のメニューがかぶりがちなのと、空港でWi-Fiが使えないという若干のトラブルはありましたが総合的には良い旅だったと思います!

ターキッシュエアラインならトランジットが1回(4時間ほど)。

イスタンブールからマルタまでも3時間ほどで、成田から数えても計16時間ほどでマルタに着くから楽です。(韓国など経由してくる2日ほどかかるとか…)

トランジットをローマで10時間などにして遊びに行くのもありだけど、なるべく旅路は短くしたいという人は検討してみてくださいね♩

この写真の奥が特に可愛いのだ


そして席が選べるのであれば、マルタまではぜひ窓側に座ってください

マルタの上からの景色はもう悶えるくらい可愛い!その可愛さをぜひ到着前に眺めてもらいたいです!


今日のおすすめ

安い航空券を見つけるなら「Skyscanner」がイイと旅好きの人は揃っておすすめしてくれます。

検索も簡単なのでぜひ。(アプリもあるよ!)



 

Wi-Fiが繋がらないイスタンブール空港で
ブログの下書きに使っていたのがNotionというアプリというかなんというか?

ぽんちゃんがnoteで紹介してくれているのでぜひ。

 

そしてもっと詳しく!みたいな人は平野さんのnoteもおすすめです。

 

ABOUT ME
kicchan
世界に通用する年齢不詳の童顔クリエイター。フォトブロガー・モデルをしています。 旅とお洒落と写真を通して「シンデレラストーリーは自分でつくる!」生き方をシェアしたいです。