DREAM

地元でくすぶってたくないなら、さくっと上京してみたら?

はろー、kicchanです。

ワタシは小学生の頃から東京で働くことを夢見ていて、12年ほどかけてその夢を叶えました。

東京に来てみてびっくりしたことは、

☑︎東京の人は(見た目)が若い!

☑︎学生の活動の広さが半端ない!

☑︎情報の多さが半端ない!!

ということ。

ワタシは高校生の頃(つまり大学受験のタイミング)親を説得することができなかったおかげで就職のタイミングでの上京しました。

でも大人になってから上京した身としては、正直、もっと早くに東京に来ておくべきだったな、と。

だってね、あまりにも地元の学生と東京の学生とでは、その経験にも知識にも差がありすぎる 気がするんですよね。

なるべくいい企業に就職したい人なら、大企業はまだまだ東京が多いから、インターンなんかもこちらの方が活発でより就活に有利になる(かもしれない)。

クリエイター活動や芸能活動をしたい人は、圧倒的に東京の方が現場数が多いうえに、事案が大きい。

フリーランスで働きたい人にとっては、ノマドワークがしやすいカフェが東京には多いし、そういう働き方が珍しくないから色んな人と出会えるし肩身の狭い思いをしない。

地方にいると、ある程度情報が狭くなるし、価値観だって地域的になってしまうから、周りからちょっと飛びぬけたいなんて思っている人は孤立したり、息がしにくかったりすると思うんです。

(だってワタシは未だに帰るたびにそういう空気感を感じるんだから)

ここ数年でSNSは日常になくてはならないものになったし、情報の伝達なんて恐ろしい速さでされています。

だからもしかしたらワタシが学生だった頃に比べてそれほどの地域格差(ここではその経験できる可能性に対する圧倒的選択肢の違いをいうことにします)はないかもしれません。

それに将来働きたい場所に早くから出ておくことは経験と知識の差にもなりますよね。

いまワタシの周りで活躍している人って、学生の頃から続けていることが今に繋がっている人が多いんです。

よっぽどの行動力やコミュニケーション能力がある人なら全然大丈夫だとは思うんだけど、まあ自分は並かなって人がそのブランクを埋めるためには相当な努力と運が必要です。

地方に住んでいる分、確かに絶対上京してやる!っていうやる気やモチベーションを保てることは確かです。

地方住みが悪いとも思いません。

自分がいまくすぶっているという自覚こそ、原動力になります。(まさにワタシがそれ)

でも、やっぱりそれだけじゃ勝てないことも多いんです。

東京で学生生活を送っていれば、もっと色んなところに足を運べたし、人との繋がりもそんなに広がるのか、と周りを見てとても感じました。

あの時もし親をちゃんと説得できる力があったら。

後悔はしていないけれど、多くのチャンスを逃してきちゃったのではないかと思ってしまうのです。

だからいずれ上京したいと思っているのなら、それが人生の予定として組み込まれているのならば、なるべく早く上京することを強くおすすめします!!!

少しでも東京に来たいという気持ちがあるならば。

闘えるかどうかや、闘い方なんて後から考えればいい。

夢を叶えるためには、とにかく行動した者がち、ですよ!

ABOUT ME
kicchan
夢を夢で終わらせない。 シンデレラストーリーは自分でつくる! 旅とお洒落と写真を通して そんな生き方をシェアしたいです。