TRIP / SPOT

【海外旅行】服は何着必要か? 1週間着回しコーデでご紹介

 

はろー、kicchanです。
2018年はこれまでで1番、海外に行く機会が多い年でした。

慣れない海外に毎度悩むのが、「何を持っていけばいいのか?」
特に服装なんて悩みに悩むので、パッキングが永遠に終わらないってことも。


そんなわけで今回は、海外初心者・もしくはまだまだ旅の経験が浅い人に向けて、1週間の海外旅行では何を持っていけばいいのか?を解決できたらと思ってこの記事を書きました。

1週間の海外、服は何着必要なのか? 答えはトップス2,3枚でOKです!

「服は何着持っていけばいいのか?」
9月にモロッコへ行った際も出発直前まで迷っていた事案です。

旅慣れしている人であれば、数着持って行って必要なら現地で買えば良いのでは?と簡単に決着がつく服問題。

でも、海外初心者にはその程度がわからないんですよね。というよりも、不安がある。
現地で洋服を買う場所があるのか?お店に行く時間はあるか?サイズがあるのか?そもそも欲しい服が見つかるのか?

しかも今回の旅先がモロッコだったので、余計にジュラバ以外に服なんて売ってるんだろうか?寒かったらどうしよう?といつまでたっても悩んでいました。

 

わたしもさんざん迷った挙句厳選して持って行ったのですが、実際1週間過ごした結果、トップス2,3枚とボトムス2,3本、それからパジャマが1着あれば十分!とわかったのでここに報告します😇

実際に持って行った、1週間の旅コーデ

さきほど、「トップス2,3枚、ボトムス2,3本あれば十分!」と書きましたが、具体的に何を持っていけば?と気になる人もいると思います。

そこで、今回は写真を掘り起こし、実際のコーデと一緒にまとめてみました🐰
これぞ、本気の1週間着回しコーデです。

1、2日目:東京から20H超えの長時間フライトは、ワンピース

基本的に楽ちんなコーデが好きです。それが長時間の移動となるとなおさら。

なので旅先にはウエストゴムのボトムスとかワンピースをよく持っていきます。今回は夏だったので、なるべく熱がこもらないようにということでワンピースに。

 

ワンピ①黒 / カーディガン|photo: 伊佐さん

 

カサブランカ空港に着いた時の写真で、1番前にいるのがわたしです。
他の女性陣もみんなリラックスできるコーデなのが伝わるかと思います。

あまり女性の露出が好まれないモロッコ。
ノースリーブに近い半袖だったので、カーディガンを持って行きました。
文化が違う国に行く際には、そういうお国柄を踏まえたコーデも必要です。

3日目:1日フリータイムは、青いシャウエンに馴染む白コーデ

トップス①白 / ボトムス①白ストライプ|photo: 伊佐さん

 

この日は1日フリータイム。歩き回る気満々です。
言わずもがな、歩きやすさと動きやすさが最重要。

それからせっかくあの有名な青い街ということで、青に馴染みそう&映えそうな全身白に、パンツを選びました。

トップスはワンピースとしても使えるオーバーサイズ(これも着回し考慮して持って行きました)。

袖が長めなのは、イスラム教ということで露出控えを考慮してのこと。だけど、案外欧米の観光客は堂々とノースリーブキャミとかを着ていて驚きました。

でも日差しが痛いので、日焼けが気になる人はこれくらいあるのがおすすめです。(カラッとしているので暑くは感じませんでした)

帽子やベルトといった小物は、持っていくとコーデの幅が広がるのでおすすめです(特におちびさんには!)

4日目:移動と、ヴォリビリス&フェズという古都の街にあわせたチュールワンピ。

トップス②黒半袖 / ワンピ②チュール|photo:伊佐さん

 

シャウエンから古都フェズへの移動の日(移動時間約7時間)。
途中にローマ遺跡ヴォリビリスにも寄りました。

移動だから楽ちんスタイル。
歴史ある街にあうお洒落なワンピースが着たいな〜と思い新調した古着のチュールワンピースをメインにしてみました。

ごつい道を歩くことを想定し、足元はサンダルではなくスニーカーに。

ちなみに、サンダル・スニーカーは合わせて2足持って行きました。(何を持っていくかは季節と場所とによりそうですね)

5日目:前日にフェズで買った、モロッコのワンピース。

現地調達①黄色いワンピース / パンツ②リラコ|photo:伊佐さん

 

さて、5日目にてようやく現地調達したワンピースが登場!

このあとラクダに乗る予定があったので、この下には足を広げても大丈夫なようにユニクロのリラコも♩

実は職人の街フェズではワンピースを2着も購入しました!
あまり海外では服を買わない派ですが、モロッコの色が出てて可愛かったので記念に。

身長が低いので予想はしてたのですが、案の定現地のワンピースは丈が長い!
ということで、3日目にもつけている持参のベルトが大活躍でした

ちなみにワンピースはたったの60DH(ディルハム)!日本円で700円ほどの破格です。
女性陣全員で色違いをGETしました♡

6日目:現地の服でお着替え

現地調達②ジュラバ / トップス③カメレオン / パンツ③白ストライプ

 

砂漠での朝にも、モロッコで調達した民族衣装のジュラバを。
(一応この下には上下着てたので、手持ちのトップス&パンツ3着目もここに。)

ジュラバは、3日目のシャウエンでのフリータイムで購入しました(150DH)。

このお店おすすめだよ

 

さらにこのあと、撮影の関係でお揃いのワンピース(5日目に着ていたもの)に再度お着替えしています。
写真のために着替えるってさすがのメンバー。楽しすぎました!

ここで、アイトベンハッドゥでのレンジャーごっこの様子をおすそわけ。
グラデーションがとても綺麗だと思いませんか?

こういうのができるのは人と旅に行く楽しみの1つだと思います。

7日目:再びジュラバの登場。

この日は引き続きジュラバにて移動。
コーデ内容は前回と特に変わらないので割愛します。

ジュラバは1枚でも着れますが、ちょうどポッケの位置あたりに穴があります。あとで聞いたところによると、中にはくパンツのポケットにそのまま手を突っ込めるようになんだそうです。

なので、少なくとも短パンとかレギンスとか長いキャミワンピ的なものは着ておくのをおすすめします。

(ジュラバをワンピ代わりに1日着てたら、暑すぎて熱中症になりかけたので要注意です)

8日目:最後の街、マラケシュにて再び白コーデ

現地調達③白ワンピ / ワンピ②チュール

 

最後の街、マラケシュにて。
最初の日と同じく白コーデですが、この日はワンピースをレイヤードしました。

ここにきてやっと着回しです…💦

4日目に買っていたワンピースが滞在最終日にしてやっと登場したわけは、買っていたことを半分忘れていたから。

 

9,10日目:往路と同じく黒ワンピ。

帰りの日は行きに着てきた黒いワンピースコーデをそっくりそのままです。

まとめ:1週間の海外旅行で必要な服は…?

1週間(7泊10日)のコーデをざっと見てみました。
ここでもう一度改めてまとめてみます。

<持って行ったもの>    
トップス 3枚 白ロンT(3日目)・黒T(4日目)
カメレオンT(6日目)
ボトムス 2本 白ストライプ(3日目)・リラコ(5日目)
ワンピース 2枚 黒ワンピ(往復)・チュールワンピ(4,8日目)
スニーカー類 2足 サンダル・コンバースのスニーカー
 
<買ったもの>    
ワンピース 2枚 黄色いワンピース(5,6日目)
白いワンピース(8日目)
ジュラバ 1枚 緑(6,7日目)
バブーシュ 3足 3つのうち2つは現地で履き回し

 

ということで、結果10着(+4足)を着回ししました。

みんなが言うように、現地で買うかもしれないって時には手持ちの服は最小限で良いというのは本当でしたね。

逆に現地では買わないかも…という人はもう少し多めでもいいかもしれません。

 

わたしは心配性なので他にもこんなものを持って行ってました。

◼︎パジャマ・夜用Tシャツ1枚

◼︎ユニクロのウルトラライトダウン

◼︎フード付きパーカー

ウルトラライトダウンとパーカーは砂漠用に。寒いとか風が強いとか聞いていたのだけど、運良くとても穏やかだったのでジュラバだけで事足りました。

ちなみに、下着類は3着くらい。
(パンツは100円ショップで使い捨てを買ったのでどんどん減っていきました。これもパッキン術の1つ)

 

飛行機等での移動を考えると、ビーサンやサンダルは必ず1足は持っていくのがおすすめです。

少し長めに海外に行く人、もしくはモロッコに行く人、かつまだ旅には不安がある、という人はぜひ参考にしてください🐰

 

ABOUT ME
kicchan
世界に通用する童顔クリエイター。フォトブロガー・モデルをしています。 旅とお洒落がすき。「シンデレラストーリーは自分でつくる!」生き方をシェアしたいです。